お知らせ

防災活動

「令和元年佐賀豪雨災害を踏まえた取組みについて」

令和元年8月に発生した九州北部豪雨においては、近年稀にみる大雨に伴い、佐賀市においても甚大な被害を受けたところです。また、地域の安心・安全を守る自治会としましても、日ごろからの災害への備えや防災力の向上、また、行政との更なる連携の必要性を再認識したところです。
また、この令和元年佐賀豪雨災害を受けて、行政からの情報提供や避難所のあり方に関して課題が浮かび上がり、令和元年11月に佐賀市長に対して、自治会への情報提供や避難所の見直しを求める要望書を提出しました。
その後、令和2年4月に佐賀市から要望書への回答があり、平時及び災害時の情報提供・情報開示に努めていただくこと、また、避難所のあり方の検討については、市内全校区に対して意見交換会を実施していただくこととなりました。
近年の地球温暖化に伴う集中豪雨や地震等の自然災害については、いつ発生してもおかしくありません。来るべき災害に備えて、自治会も行動してまいります。

       

 前の記事>>

このページの先頭へ